綺麗な花の咲かせ方

豊かな色彩を楽しむ

フラワー

アジサイの育て方は一見簡単に思えますが、色彩よく花を咲かせるには丁寧な管理が必要になります。
まずアジサイの育て方で重要なのが土壌管理になります。
一般に土壌が酸性であれば花色が青く、アルカリ性であれば赤くなると思われがちですが、実際はそのアジサイ特有の花色があります。
そのため、購入したアジサイ本来の花色に合わせた土壌pHに調整することで、色彩豊かな花が咲きます。
土壌は基本的に酸性に傾いているので、土壌pHの調整には、苦土石灰をホームセンターなどで購入し、土壌に混ぜ込んでアルカリ性にすることが一般的です。
苦土石灰はメーカーによって変動しますが、およそ1kgあたり200円程度です。
一方、土壌が酸性の場合は肥料などの有機物やピートモスなどを混ぜ込むことが一般的です。
次に日当たりですが、半日陰にも強く、日陰でも育てることができます。
しかし日陰では茎が徒長したり、葉ばかりが成長し、花付きが悪くなることがあります。
また乾燥に弱いため、こまめな水やりが必要です。
プランター栽培に比べて、庭植えのアジサイのほうが大きく育ちやすいため、必要な水の量も増加するので、注意が必要です。
アジサイの育て方はこれらの基本的な管理をすることで、梅雨時から初夏にかけて、豊かな色彩を楽しむことがができます。
費用は水道代や土壌phの調整、肥料などかかるので、アジサイの育て方をしっかりと理解した上で、栽培を行うようにしましょう。

水やりと選定に注意

フラワー

アジサイの育て方は難しくありません。
いくつかのポイントに気を付ければ、毎年梅雨の季節に綺麗な花を咲かせることができます。
アジサイは鉢植えでも地植えでも構いませんが、土の管理は鉢の方が簡単です。
酸性の土で育てれば青色に、アルカリ性の土で育てればピンクの花になります。
咲かせたい色の花がある時は鉢植えをおすすめします。
ただし、苗を植える鉢は大きめを選びましょう。
育て方の最も注意すべきポイントは水やりです。
アジサイは水を好みますので、乾燥しやすい鉢植りと水やりをするとよいですが、その後はあまり与える必要はありません。
ただし晴天が続いたり、よく日が当たる場所だったりで、土が乾燥しているようであれば水を与えましょう。
育て方のもうひとつのポイントとなるのが剪定作業です。
お庭に植えていて特に邪魔にならない場合は、剪定は不要ですが、好みの大きさにしたい、大きくなりすぎるとスペースが無くて困るといった時は、剪定を行います。
7月から8月上旬に行うといいでしょう。
切る場所は花の下、2〜4枚目の葉のあたりを切り落とします。
秋になると、切った後の芽がのびて枝になっていますので、もう一度切り落とします。
新しく伸びた枝のすぐ下あたりに、来年の花の元となる「花芽」ができており、これを切ると来年になって花が咲かなくなりますので注意しましょう。
アジサイは育て方が難しくなく、地植えにすえば夏の日照り時期の乾燥をのぞけば、あまり水やりをしなくてもよく育ちます。
初心者向きの花といえるでしょう。

苗植えや育てる方法

畑

育て方が難しいといわれるアジサイですが、やはりその綺麗な色や形を見ると「自分でも育ててみたい」と考える人は多いです。
失敗せずにアジサイを育てるためには、きちんと正しい育て方を把握しておく必要があります。
まずアジサイの苗を購入しなければなりませんが、基本的には4月から6月にかけてのもっとも苗が多く出回る時期をおすすめします。
できるだけしっかりと育てたいと考えるなら枝が太いものや葉に艶があるものを選びましょう。
地元の花屋さんで購入するのも良いですが、現在ではネットショップで良い苗を購入することも可能であるため、好みの色や形のものが見つけられたらそこで購入するのも良いでしょう。
いざアジサイを育て方を考えるとまず鉢植えで育てるか庭に植えて育てるかのどちらかを選ばなくてはなりません。
鉢植えの場合は大きめの鉢と、底に詰める軽石や鉢底石、埋めるための土、育てるための水が必要になります。
庭植えを行う場合は前もって日が差しやすい場所に土づくりを行っておかなければなりません。
土の準備ができたら穴をほり、土を固め苗を固定しましょう。
続いて水やりの方法ですが、アジサイの水やりは基本的に多めの水を使います。
土が乾いているなと思ったら鉢からあふれ出る量に近い水をやる必要があります。
また元気に花を咲かせようと思ったらよい肥料を準備しておくと良いです。
肥料を与えるタイミングとしては苗を植えたときに一回、花を咲かせたときに一回、咲いた後の冬に一回と、計三回に分けるのがおすすめです。
これらの育て方を基本にしてアジサイの花を咲かせましょう。

梅雨時に人気の花

ガーデン

アジサイはガーデニングで人気の花です。育て方では数時間程度の日光と適度な水やりが大切です。また植えるときには野菜専用培土などを使います。土が酸性かアルカリ性かによって花の色が違います。剪定を行うことにより翌年も綺麗な花を咲かせます。

もっと読む

綺麗な花の咲かせ方

フラワー

アジサイの育て方のポイントは土壌管理です。アジサイの本来もつ花色に合わせた土壌pHに調整することで、より鮮やかな色彩を楽しむことができます。乾燥に弱いため、こまめな水やりが必要になります。そのため水道代の支出が増えることに注意が必要です。

もっと読む

簡単に育てることが可能

園芸用品

アジサイは育て方が簡単なことからガーデニングでも大人気です。ただし花や葉には有毒成分が含まれているので、壁際などに植える際は隣の敷地内に花や枝が入り込まないように配慮することが大切です。また病気を患っている方や入院している方へのプレゼントとしてはマナー違反となるので、贈る相手は選ぶようにしましょう。

もっと読む