簡単に育てることが可能

ルールを守って育てよう

園芸用品

ガーデニングで人気となっている花がアジサイです。
最近では品種改良によって様々なタイプの花が登場したこともあり、カーネーションと並んで母の日のプレゼントとしてもすっかりと定着してきました。
またアジサイは育て方が比較的簡単な花としても知られています。
初めに植える場所をよく吟味することや水やりにさえ気を配れば、あとは自然に育ってくれるのでガーデニング初心者でも安心な花です。
ただし育て方が簡単なアジサイではありますが、その管理には注意しましょう。
なぜならアジサイの花や葉には有毒成分が含まれているからです。
半日陰を好むため植える場所が壁際になることも多いですが、その際は隣の家のお子さんやペットが誤って口にしないように配慮するのがルールです。
お隣にお子さんやペットがいる場合は植える場所を変えるか、もしくは定期的に剪定をして隣の敷地内に花や葉が入らないように工夫しましょう。
またアジサイは母の日のプレゼントとしては喜ばれる花ですが、入院中の方や病気を患っている方へのプレゼントとしてはマナー違反です。
アジサイは「色あせる」といった花言葉があるように色が薄くなる特徴があります。
そのため縁起が悪いとされることもあるので贈る相手は選ぶようにしましょう。
アジサイは育て方を工夫すれば刺し枝などでも増やすことができます。
これは隣の敷地に枝が落ちた場合はそこから生える可能性があるということです。
そのため剪定作業をする際は誤って隣の家に枝を落とさないように注意しましょう。
きちんと育て方のポイントを押さえておけば、アジサイは長い年月にわたって楽しむことができる素敵な植物となってくれます。

代表的な梅雨時の花

庭

梅雨時に花を咲かせる花といったら、やはりアジサイを想像されるのではないでしょうか。
アジサイは、紫やピンクといった色鮮やかな花を咲かせ花自体も大きいので、とても美しく見る人を魅了する季節の花です。
最近では自宅の庭などでアジサイを育てている方が多く、ガーデニングで人気の植物でもあります。
しかし、アジサイは育て方が難しいとされており、花が咲かなかったり枯れてしまうなど失敗する方も多くいます。
アジサイを美しく丈夫に育てるには正しい育て方が大切で、基本となるのが土壌の管理と水やりのタイミングです。
まず、アジサイは土のPH度により花の色が変わる性質があります。
青や紫色がお好みなら土を酸性にして、ピンク色にしたければアルカリ性にすれば良いです。
土には栄養も入れてあげる必要があり、ホームセンターなどで販売されている腐葉土を使うのがお勧めでしょう。
酸性やアルカリ性に土壌改良するには、ピートモスや苦土石灰などを使用する事によりPH度を変える事が可能です。
アジサイを苗から育てる場合の育て方として、風通しが良すぎる場所に植えると芽飛びという、新芽が出ない現象が起こりますので気をつけましょう。
また、西日が強く当たる場所もアジサイは苦手で、枯れてしまう原因となりますので、植える場所には細心の注意が必要です。
アジサイは梅雨時に花を咲かせるように、水を多く必要とし乾燥を嫌う花でもあります。
このため、雨があまり降らないときなどは乾燥しない様に、定期的に水やりをしてあげましょう。
これらの育て方に関する注意事項を守れば、アジサイを失敗なく育てることができます。

魅力とその理由

紫陽花

梅雨の到来として取り上げられるアジサイは、花壇の中以外にも、梅雨時期にはアジサイ園などが開催されていて、見かけることも多い花です。
毎年品種改良された新しい種類が発表されており、梅雨時の曇った心を華やかにする美しさはもちろん、無難しい育て方を必要としません。
そのため、園芸として育てる場合でも初心者に取っ付き安いといった手軽さが魅力となっています。
アジサイは普段から親しみがある花なので、特別な印象は持ちにくいかもしれませんが、古くはイギリス王室庭園にも専用のスペースが設けられ、日本では万葉集にも読まれました。
現在も毎年いくつもの品種が開発されていることもあって、種類は3千種を超えています。
花屋さんに足を運ぶと、たくさんの見たことのない種類のアジサイが陳列されており、その種類の多さに驚くことでしょう。
母の日や誕生日などに贈られることもある花となっています。
丈夫なため園芸初心者でも育てやすいアジサイですが、剪定やある程度の湿度を保った場所で育てないと花を咲かせてくれません。
元々の苗がいくら丈夫でも、育て方を間違えると咲かせることはできません。
またアジサイは七変化とも呼ばれ、育て方の一環ですが、土のPH度合いで装飾花の色を変える特性を持っています。
酸性の強い土に植えると青い装飾花になり、アルカリ性が強い土に植えるとピンク色になります。
花屋さんには土の性質を変える薬剤やアルカリ性の土が売られているので、好みに合わせて利用してみてもおもしろいでしょう。
また育て方に関して不安な点があれば、購入時に花屋さんに色々と相談してもいいかもしれません。

梅雨時に人気の花

ガーデン

アジサイはガーデニングで人気の花です。育て方では数時間程度の日光と適度な水やりが大切です。また植えるときには野菜専用培土などを使います。土が酸性かアルカリ性かによって花の色が違います。剪定を行うことにより翌年も綺麗な花を咲かせます。

もっと読む

綺麗な花の咲かせ方

フラワー

アジサイの育て方のポイントは土壌管理です。アジサイの本来もつ花色に合わせた土壌pHに調整することで、より鮮やかな色彩を楽しむことができます。乾燥に弱いため、こまめな水やりが必要になります。そのため水道代の支出が増えることに注意が必要です。

もっと読む

簡単に育てることが可能

園芸用品

アジサイは育て方が簡単なことからガーデニングでも大人気です。ただし花や葉には有毒成分が含まれているので、壁際などに植える際は隣の敷地内に花や枝が入り込まないように配慮することが大切です。また病気を患っている方や入院している方へのプレゼントとしてはマナー違反となるので、贈る相手は選ぶようにしましょう。

もっと読む