良い眠りと枕の関係性|快適な空間で眠りにつきたいなら敷布団選びは重要

快適な空間で眠りにつきたいなら敷布団選びは重要

良い眠りと枕の関係性

寝室

良い枕はどのようなものか

夜ぐっすり眠るために不可欠なのが、自分にぴったり合った理想の枕です。自分の体格に合う理想の枕を使うことで、頭痛や肩こりの解消や不眠症の改善といった効果が期待できます。理想の枕の条件としてあげられるのは、高さと大きさと素材です。高さは人それぞれ異なるため、自分にちょうど良い高さを知る必要があります。自分で測るのは難しいので、一度専門店に行ってプロのアドバイザーに相談することをおすすめします。大きさは、肩先までをしっかり支える横幅60センチ、奥行き40センチ以上を目安にすると良いです。寝返りしても大丈夫な広さを持った枕を使うことがポイントです。最後に素材ですが、これは個々人の好みに寄りますが、万人に対して言えることとしては通気性や汗の吸収性の良いものを選ぶといいです。

枕を選ぶ際の注意点

理想の枕を選ぶ最も良い方法は、きちんとしたプロのアドバイザーに見てもらう事です。最近では枕の重要性にも注目されてきており、寝具の専門店にしっかりした知識を備えたアドバイザーがいたり、その人にぴったりの枕を作ってくれる専門業者などがあります。通販で理想の枕を作ってくれるところもあるので、近場に専門店がない場合にはこういった通販を利用するのもひとつの手です。自分で計測が必要ではありますが、何を計ればいいのかしっかりと教えてくれます。また整形外科では枕外来という科を設けている病院もあり、肩こりや頭痛があまりにもひどい人は身体の治療と一緒に理想の枕や寝方の指導をしてくれる病院に行くという方法もあります。