快適な空間で眠りにつきたいなら敷布団選びは重要

良い眠りと枕の関係性

寝室

肩こりや頭痛、不眠症といった症状に悩まされている人は、枕が合っていないことが原因になっている場合があります。自分の体格にぴったりと合った理想の枕を使うことで、肩こりや頭痛、不眠症といった悩みが改善される可能性があります。

より良い睡眠をとるには

寝る人

寝る時の理想的な姿勢は、立っている時の姿勢と同じだといいます。これを実現するための寝具が高反発マットレスです。価格は1万円以下から10万円以上と幅広くなっていますが、やはり品質と耐久性を考えますと3、4万円くらいの製品がおすすめです。

冷えは大敵

女性

特に女性にとって冷えは大敵で、これを防ぐための「温活」という言葉が広まっています。内側から温めるためには、食生活において体を温める食材を取り入れるとよいでしょう。具体的にはしょうがやトウガラシなどに体を温める効果があります。

寝具選びで快眠できる

睡眠

寝具と肩こりの関係

毎日8時間以上寝ているのに疲れが取れない。肩がこるなどの悩みがある方は寝具があっていないのかもしれません。敷布団の硬さが適切でないと、体に様々な悪影響があります。睡眠時に理想姿勢をキープできていないため体に無理な負担がかかり、寝返りを打った時に体がねじれたり、首に無理な負荷がかかっています。睡眠時の姿勢は背骨がS字になるような形が理想的です。そのため、敷布団は硬すぎても柔らかすぎてもいけません。適度な硬さの敷布団は睡眠中の体をバランスのとれた形で支え、気持ちよく眠ることができます。日々の睡眠で疲れが取れていない自覚があるのなら、敷布団をはじめとした寝具の見直しをしてみると症状の改善が期待できます。

睡眠のための寝具選び

快適な睡眠をとるには敷布団の硬さがとても大事です。硬すぎると体の一部分に圧がかかるため、血の流れが悪くなり肩こりの原因になります。敷布団が柔らかすぎると、体をしっかりと支えることができません。一番重量のかかる腰が沈み込んでしまい、腰痛が悪化する可能性があります。適度な硬さの敷布団を選択することで、体圧が分散し寝返りが楽になるので体への負担が小さくなり、ストレスのない睡眠をとることができます。体の疲れもとれるでしょう。睡眠は人間の三大欲求の一つで、とても大切なものです。寝具をしっかり選ぶことが睡眠の質を左右します。毎日の休養をしっかりとることが、日々の生活をストレスなく健康的に過ごすためのカギなのです。