梅雨を彩る代表的な花木

初心者は鉢植えがおすすめ

紫陽花

憂鬱な梅雨空に鮮やかな彩りを添えるアジサイは、人気の高い花木です。
しかし一方で、アジサイは初心者にとって育て方が難しいことでも知られているのです。
そこで今回は初めてのアジサイの育て方として、重要なポイントをご紹介しましょう。
まず最初のポイントは、苗の植え方です。
アジサイの育て方で最も難しいとされるのが、土の管理と言われています。
そのため、初心者は管理のしにくい庭等の地植えより管理にしやすい鉢植えがおすすめです。
春3月から4月もしくは秋の9月頃が、最も苗植えに良い時期です。
購入してきた苗ポットより一回り以上大きな鉢を用意し、底に底石を敷いておきます。
そこに土を鉢の半分くらい入れ、苗ポットの根を軽くほぐしながら植えます。
苗の安定を保ちながら、さらに土を投入し、最後に水をたっぷり与えて完成です。
これが基本的なアジサイの鉢植え方法です。
これにさらに応用として、青またはピンクの好みの花にする育て方をご紹介しましょう。
青い花にするには、土を酸性にします。
小粒の赤玉土を5、腐葉土を3、ピートモスを2の割合で土づくりをすると良いでしょう。
ピンクの花にするには、土を酸性にします。
小粒の赤玉土を7、腐葉土を3の割合で土づくりをし、軽く一握りの苦土石灰を混ぜると良いでしょう。
アジサイは乾燥を嫌うことから、水やりは重要なポイントです。
目安としては、土の表面が乾いたら水を与えます。
この時、鉢底からさした水が流れるほどたっぷり与えましょう。
適宜の肥料も、アジサイの育て方には重要です。
おすすめは、効き目が長い緩行性の肥料です。
これを苗を植えた時、花が終わってすぐの頃、真冬の時期の3回与えると、花がたくさん咲きやすくなると言われています。

土壌の調整が重要となる

花

梅雨になると美しい花を咲かせるアジサイですが、その性質について詳しく説明できる人は少ないのではないでしょうか。
そのため、アジサイを育てる上では、性質と育て方を知っておく必要があります。
アジサイは、六月から七月の梅雨の時期に花を咲かせる植物です。
花の色は様々でピンクやブルーが主流ですが、白や紫などの色になることもあります。
花の色は土壌のpH値によって決まる性質があり、酸性なら青系の色にアルカリ性なら赤系の色になります。
ここでは花という言葉を使用しましたが、正確には萼が大きく発達したものです。
そのため、アジサイは装飾花と呼ばれています。
アジサイを美しく咲かせるための育て方としては、事前の土壌の調整が重要になります。
前述の通りアジサイは土壌のpH値によって色が変わってくるため、咲かせたい色に合わせて石灰などで調整する必要があるのです。
また、前年の花の時期に根が広がっているため鉢植えの場合は大きなものに植え替えておくようにします。
アジサイの育て方で特に重要なのは、土壌の水分量の管理です。
アジサイは乾燥に極端に弱く水を好むことから、毎日のこまめな水やりを欠かしてはいけません。
そうかと言って雨ざらしにしておくと枝が折れてしまう可能性が高くなるため、直接雨が当たらないような場所に植えておくことも必要です。
花の時期が終了したら、翌年に向けて準備に入ります。
具体的には、枯れた部分を剪定して枝ぶりを整える作業です。
この作業をしておくことで、翌年には姿の美しいアジサイへと変化していきます。
このように正しい育て方を行なっていくことで、上手に栽培ができるようになります。

種類が多い

ウーマン

アジサイはカスミソウのようなコアジサイや瑠璃色の佐橋の荘、円井八重咲き品種の富士の滝など50種類以上ありますが、アジサイの花には2つのタイプがあります。
1つ目はシンプルな花が額縁のように周りに咲くガクアジサイです。
2つ目はたくさんの花が集まったように見えるホンアジサイで、私たちが見る機会の多いタイプはこちらです。
またアジサイの色も育て方によって変えることができます。
そのため事前に購入方法や育て方、また土や肥料などについてしっかり勉強しておくことがおすすめです。
例えば土を酸性にすることで、アジサイを青色にすることができます。
具体的には赤玉土・腐葉土・ピートモスを5対3対2の割合で混ぜ合わせます。
また土をアルカリ性にすることで、アジサイをピンク色にすることができます。
赤玉土・腐葉土を7対3で混ぜ合わせ、土に苦土石灰を混ぜて一定期間寝かせましょう。
そしてアジサイの育て方として重要なことは、まず水をしっかりやることです。
この花は乾燥に弱く水を好む植物であるため、土の表面が乾いたときはすぐに水やりをする必要があります。
特に夏場は土の様子をしっかり観察しておくことが大切です。
そしてアジサイの苗を購入する際は、できるだけ苗がたくさん出回っている時期に品種ラベルがついたものを購入します。
なぜなら苗の種類が多いと品質の良い苗を手に入れやすいだけでなく、自分の好みの苗を手に入れることができるからです。
このように事前に育て方を知っておくことで上手に育てることが可能です。

梅雨時に人気の花

ガーデン

アジサイはガーデニングで人気の花です。育て方では数時間程度の日光と適度な水やりが大切です。また植えるときには野菜専用培土などを使います。土が酸性かアルカリ性かによって花の色が違います。剪定を行うことにより翌年も綺麗な花を咲かせます。

もっと読む

綺麗な花の咲かせ方

フラワー

アジサイの育て方のポイントは土壌管理です。アジサイの本来もつ花色に合わせた土壌pHに調整することで、より鮮やかな色彩を楽しむことができます。乾燥に弱いため、こまめな水やりが必要になります。そのため水道代の支出が増えることに注意が必要です。

もっと読む

簡単に育てることが可能

園芸用品

アジサイは育て方が簡単なことからガーデニングでも大人気です。ただし花や葉には有毒成分が含まれているので、壁際などに植える際は隣の敷地内に花や枝が入り込まないように配慮することが大切です。また病気を患っている方や入院している方へのプレゼントとしてはマナー違反となるので、贈る相手は選ぶようにしましょう。

もっと読む